前へ
次へ

医療機器業者との契約を行う場合

眼科でよくあるのが、コンタクトレンズやメガネを購入する際に特定の業者からの購入を薦める、ということです。
実際には自分で専門店に足を運んで作ってもらいますが、自分の好みも完全の無視をして提携をしている業者からだけしか購入をすることができない、としている眼科もあります。
コンタクトレンズに関しては使い捨てのものを推奨し、それもクリニックで申込みをして注文をして届いたら再び来院をするように指示するところもあります。
特定の業者で購入をしないというのであれば、処方箋も書かないし、他のクリニックに行ってくれ、というところもあります。
医療機器の業者と提携をするというのは悪いことではありませんが、選択の余地がないというのは問題です。
メガネはその人の印象を変えてしまうものなので、慎重に選びたいということはあるでしょう。
その気持ちを否定してまで特定の医療機器メーカーからしか購入できないという制度はあまり好ましいことではありません。

Page Top