前へ
次へ

目の医療は重要~手元が見えにくくなったら受診を

老眼は、40代になれば誰に起こっても不思議はない現象の1つです。
ただ、老眼に関してだけは正しい知識が浸透しておらず、間違った認識が多いと医療機関は指摘します。
例えば、近くの物が見え難くなるのが老眼というわけではなく、ピント調節能力が低下することが老眼です。
瞬時にピントを調節する能力が衰え、近くから遠くを見るとすぐ見え難い、遠くから近くを見ると見え難いというのが老眼の症状です。
ただ、適切なケアをすれば高齢者になっても老眼鏡なしで生活することは可能だと言います。
また、逆にスマートフォンを見続ける生活で、20代で老眼の症状が起こる人も急増しています。
いわゆるスマホ老眼ですが、これには一つの距離を見続けることだけなく、ブルーライトも関係すると医療機関は指摘しています。
近眼は老眼にならないというのも間違いで、近視用メガネやコンタクトレンズを付けたままでは手元にピントが合わないなら、それは老眼です。
予防するにはルテインの多いほうれん草を食べたり、青魚に含まれるDHAが効果的です。
ホットタオルなどで血行をよくするケアも老化防止には効果があるでしょう。

Page Top