前へ
次へ

医療機関の選択は遠回りになってもいい

癌などの疑いがある場合、入院が必要になる病気の発見によっては、連携する大学病院などの医療機関を紹介されます。
その際、ご家族のお見舞いやサポートの問題から、自分達が希望する病院とは異なる案内がされる場合もありますから、希望があれば、紹介状を書いてもらいましょう。
癌以外でも入院して集中治療を必要とするケースがあるため、疑わしい症状がある患者には、診察時になるべく伝えているそうです。
一昔前は、言葉を濁すかあるいは診断結果が出ていないにも関わらず、特定したものの言い方をする医師がいました。
また、紹介後の治療方針というのは、紹介先の医療機関が決議するものです。
ちなみに、治療方針に納得できず、かかりつけ医に戻る患者もいますし、引き継ぐ医師は、治療内容と治療方針を説明してから進めてくれます。
患者やご家族は、決して悪いことをしたなどという考えは不要とのこと、医療を提供するからには向き・不向き、立ち止まって考え、比較や検討したり、遠回りや近道をして医療機関を選んで欲しいといいます。

Page Top